大掃除は秋がおすすめ!重曹・セスキ炭酸ソーダ・クエン酸の使い分け

秋と言えば「食欲の秋」「行楽の秋」など、「○○の秋」と言いますよね。暑すぎず寒すぎず、過ごしやすい時期なので何をするにも良い季節です。

そんな秋にこそ、やっておきたいのが「大掃除」。

「大掃除=年末」というイメージが浸透しきっていますが、実は大掃除は秋にやるのがおすすめ。もちろん、それにはちゃんとした理由があるんです。

また、人にも地球にも優しい「エコ洗剤」である「重曹・セスキ炭酸ソーダ・クエン酸」の特徴や使い分けについても、大掃除前に知っておきたいところ。

そこで秋に大掃除をおすすめする理由と、エコ洗剤の使い分け方法についてご説明します!ぜひ、今年からは「大掃除の秋」にしていきましょう!!

スポンサーリンク

大掃除は秋にするのがおすすめ!その理由とは!?

「大掃除」って、一年の終わりにするのが一般的ですよね。普段、なかなか掃除できていないところまで、綺麗スッキリ掃除して新年を迎える。

でも年末の大掃除って、めちゃくちゃ大変!!

「何もこんな忙しい時期に大掃除しなくてもいいじゃないか!!」と思いませんか?そこでおすすめしたいのが、

秋の大掃除

どうして秋に大掃除をするのがおすすめなのか、その理由をご説明します。

大掃除は秋がおすすめな理由
  1. 寒くない
  2. 楽チン
  3. 光熱費の節約

「寒くない」という理由については、説明不要かと思いますが、後の2つについては「何で?」と疑問に感じますよね。そこで、これらの理由について詳しく説明します。

【安心のイオングループ】お客様満足度97%「カジタクのハウスクリーニング」

大掃除は秋がおすすめの理由①寒くない!!

年末に大掃除するのってめちゃくちゃ寒いですよね。

寒い中、大掃除をするっていうだけでも大変ですが、ただでさえ手荒れがひどくなる時期に、大掃除でますます手荒れに拍車がかかるのも辛い。

でも秋に大掃除してしまえば、どうですか!?暑くもなく寒くもない時期なら掃除もしやすいし、乾燥による手荒れもまだ気にならない人も多いはず。

これが「秋の大掃除」をおすすめする、第1の理由です。

みずたま
みずたま

何も寒い中、やらんとあかん訳じゃないもんな!!

また、6月から9月にかけては高温多湿を好む「ダニ」が発生しやすい時期となっているんです。9月以降はダニの繁殖が減っていくものの、ダニの死骸や糞などによるアレルギー症状が出やすくなります。

ダニによるアレルギー対策という点から見ても、秋の大掃除は効果的なんです。

大掃除は秋がおすすめの理由②楽チン!!

大掃除は冬よりも秋にする方が、楽チンなんです。

何がどう楽チンなのかと言うと、油汚れが落ちやすい!!

気温が低いと油分が固まって、落とすのが大変ですよね。洗剤でゴシゴシして油を落としたつもりが、すすぐ前に寒さでまた固まってしまってたり…なんていう事も多々あります。

気温が低くなりすぎていない秋なら、油分を浮かせて落とすのが楽チン!!

みずたま
みずたま

大掃除と言えば、換気扇!

油汚れの掃除こそ、冬は大変やんな。

大掃除は秋がおすすめの理由③光熱費の節約!!

これも「寒さ」と関係するのですが、秋に大掃除をする方が光熱費の節約になるんです!なぜかというと、その理由は「お湯」。

「水」を「お湯」にするには、当然ながら光熱費がかかりますよね。ガスを使っている家庭もあれば、電気を使っている家庭もありますが、どちらにせよ、水をお湯にするためにかかる光熱費は「水温」によって変わります。

例えば「水」を「お湯」にする時、水温が低いほど光熱費がかかる。
特に油汚れを落とす場合には、40度以上のお湯を使うのがポイント。これは油の融点(油が溶ける温度)が40~60度となっているから。
油汚れを掃除するのに40度のお湯を使う事を考えれば、秋に大掃除をするのと冬にするのとでは、どちらが節約になるのかはもう明らかですよね。
みずたま
みずたま

冬の光熱費が高いのは暖房費のせいだけじゃなかったんや!?

水温が低い時期は、水をお湯にするための光熱費が高くなるって事か!

スポンサーリンク

家中に使えるエコ洗剤!重曹・セスキ炭酸ソーダ・クエン酸

掃除に欠かせないのが「洗剤」。用途に合わせて、様々な洗剤が販売されていますよね。「キッチンにはこれ」「お風呂にはこっち」と洗剤を使い分けるのも良いのですが、おすすめは家中どこにでも使えるエコ洗剤!

人にも地球にも優しいエコ洗剤を使って掃除する「ナチュラルクリーニング」が、とても注目されていますよね。そんなエコ洗剤の中で、よく知られているのが「重曹・セスキ炭酸ソーダ・クエン酸」の3つ。

ドラッグストアや百均でも手に入る、この3つのエコ洗剤について、「知ってるけど、よくは知らない」という人は多いはず。

そこで、これらの特徴をご紹介します。

重曹 セスキ炭酸ソーダ クエン酸
性質 アルカリ性 アルカリ性 酸性
溶けやすさ
研磨力
油汚れ
水垢・尿石

大きな特徴として、重曹・セスキ炭酸ソーダはアルカリ性、クエン酸は酸性という違いがあります。

アルカリ性である重曹・セスキ炭酸ソーダは酸性の汚れや臭いに効果的で、酸性のクエン酸はアルカリ性の汚れや臭いに効果的です。

ちなみに重曹とセス炭酸キソーダは、アルカリ度が「重曹<セスキ炭酸ソーダ」となっています。ですから、頑固な油汚れには重曹よりもセスキ炭酸ソーダの方がおすすめ。

使い分け方を簡単にまとめると、以下の通りです。

重曹・セスキ炭酸ソーダはキッチン、お風呂の油汚れにおすすめ
クエン酸はトイレ、お風呂の水垢汚れにおすすめ

まとめ

大掃除は秋にするのがおすすめ!

その理由は、「寒くない」「楽チン」「光熱費の節約」。気候が良いから水仕事の辛さも軽いし、冬よりも油汚れを落としやすい。さらに、水をお湯にするための光熱費も冬より節約できます。

掃除をするなら使いたいのがエコ洗剤。油汚れには重曹・セスキ炭酸ソーダ、水垢や尿石汚れにはクエン酸がおすすめ。

ぜひ、この記事を参考に「大掃除の秋」にして下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました