2022-02

読書記録

読書記録⑤米澤穂信『満願』

米澤穂信さんの『満願』を読んだ感想です。 この方の作品を読むのは初めてだったのですが、背筋がヒヤリとするような恐ろしさが残ります。 『満願』は6つの短編が収録されていますが、どの話も怖い!! 怖いけど、もっと読みたくなっちゃいます。
読書記録

読書記録④伊坂幸太郎『終末のフール』

今年4冊目の読書は、伊坂幸太郎さんの『終末のフール』です。 他の小説を買うつもりで古本屋に行ったのに、裏表紙の粗筋を読んで衝動買い。 世界の終末を知りながらも「生きる」人々の姿が、6つの短編で描かれています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました